占いの本

占いの本達は私が自宅の片付けをするたびに悩ましくなる唯一の対象で、毎回悩んだあげく断捨離リストから逃れています…

それでも処分したものもかなりあるので、これまでいったい何冊もの占術本を買ってきたのだろう…と呆然とします。

タイトルに惹かれて買ったものの目新しい情報もなく残念だったり、何気に買ったら凄く知りたいことが書いてあったり。

これが一般書ならそれほど痛手はありませんが、専門書はかなり高価なのでずいぶん散財したと思います(涙)

せめてあなたがそんな失敗をしないように!?私が買って良かった!と思う占いの本をご紹介しようと思います。

おすすめの占い書籍

九星気学占いを始める人のために

九星気学占いを始める人のために
一通り占い学校の初級の授業が終了し、復習のためにいろんな本を読みあさっていた頃に出会いました。一般書の中では一番良かったと感じた本です。リンク先は……中古? ま、一時期もう一冊購入しようと探していた時長く品切れしてましたから中古でも有難いかも。この本は勉強になりますよ☆

気学の知識

気学の知識 (運勢叢書)
平木場泰義氏の気学の本ですね。実は私は読んでませんがレビューが良さげだったので。

四柱推命入門

四柱推命入門
これは四柱推命です。著者は一番上の「九星気学占いを始める人の…」の遠藤尚里氏。推命は難しいといわれますがこの本はわかりやすかったので初めての方には良いかも。

飛星紫微斗数闡秘

飛星紫微斗数闡秘
私が初めて紫微斗数を学んだ本です。著者は鮑黎明氏。初心者ですから必死で作盤してたなぁ・・・(^^;

風水で運を呼び込む大事典/最後の風水

風水で運を呼び込む大事典
風水ですね。これも下の本も鮑黎明氏です。実はこの中にとっても興味深い部分があって…色々やってました笑

奇門遁甲行動術

奇門遁甲行動術
内藤文穏氏の挨星法の本。学んだ内容は内藤氏の流れだと聞いてから、内藤氏の本をあれこれ読み漁ったのが懐かしい。今はどうなさっているのでしょう・・・

一般書で買った本の中のまだ一部ですが、良かったと思ったものを今後少しずつ書き足していきますね。

易学専門書のほうは、ほとんどが東京神保町の原書房さんから取り寄せていました。

タイトルとURLをコピーしました